投稿日:2024年2月16日

知っておきたい!支保工の工事業者が徹底している安全対策とは?

こんにちは!
佐賀県鳥栖市を拠点に九州一円でとび工事や足場工事、支保工などの業務を行っています、株式会社TNKです。
今回は、支保工業者が徹底している安全対策についてお話しします。
現在、足場工事スタッフや、鳶職としての経験を積みたいとお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

支保工の仕事の危険性とリスク

安全第一 防護柵
支保工とは、建築物や橋梁などの高所での作業を安全に行うために、足場や鉄骨などの支持構造を組み立てる職種です。
支保工は、とび工事と同様に、高い技術力と安全意識が求められる仕事です。
支保工の仕事の危険性とリスクは、以下のようなものがあります。

落下や転落の危険性

支保工は、高所での作業を行うため、落下や転落の危険性が高いです。
特に、支保工の組み立てや解体の際には、足場や鉄骨が不安定になることがあります。
落下や転落による事故は、重傷や死亡につながることもあるため、高所での作業は特に注意しなければいけません。

物の落下や飛散の危険性

支保工は、足場や鉄骨などの重量物を扱うため、物の落下や飛散の危険性があります。
特に、風や地震などの自然災害の際には、支保工の構造が崩れることがあります。
物の落下や飛散による事故は、作業者や周囲の人々に怪我や被害を与えることもありますので、慎重に作業を行いましょう。

火災や感電の危険性

支保工は、電気やガスなどの熱源を使用することもあります。
溶接や切断などの作業の際には、火花や熱が発生することがあり、危険です。
火災や感電による事故は、火傷やショックなどの重篤な障害を引き起こすことがあるため、注意しながら施工を行います。

支保工の安全対策の基本とルール

支保工の安全対策の基本とルールは、以下のようなものがあります。

安全教育や訓練を受ける

支保工の安全対策の基本は、安全教育や訓練を受けることです。
支保工に関する資格や経験がない場合は、必ず安全教育や訓練を受けることが求められます。
安全教育や訓練では、支保工の仕事の内容や方法、危険性やリスク、事故の予防や対処などについて学びます。
安全教育や訓練を受けることで、支保工の仕事に必要な知識や技能、安全意識を身につけることが可能です。

安全装備や工具を使用する

支保工の安全対策のルールは、安全装備や工具を使用することです。
支保工の作業には、ヘルメットや安全帯、手袋や靴などの安全装備や、はしごやクレーン、ハンマーやレンチなどの工具が必要です。
安全装備や工具を使用することで、落下や転落、物の落下や飛散、火災や感電などの事故を未然に防ぐことができます。
安全装備や工具を使用する際には、必ず点検や整備を行い、正しく使い方や取り扱い方を守ることが求められます。

足場工事のメンバーを募集中です!

作業着 ヘルメット
弊社は、今なら支保工のメンバーを募集中です!
経験者の方はもちろん、未経験者の方でもやる気と体力があれば大歓迎です!
ぜひ求人応募フォームからご連絡ください。
皆様からのご応募を、心よりお待ちしております!
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

株式会社TNK
〒841-0083 佐賀県鳥栖市古賀町645
TEL:0942-85-9560  FAX:0942-85-9561


関連記事

施工実績3

施工実績3

高校卒業または修了見込の方も大歓迎!新規スタッフ募集中!

高校卒業または修了見込の方も大歓迎!新規…

こんにちは!佐賀県鳥栖市の株式会社TNK(ティーエヌケイ)です。 弊社は佐賀県鳥栖市を拠点に、福岡県 …

最近の施工実績まとめ

最近の施工実績まとめ

こんにちは!株式会社TNKです。 弊社では、佐賀県鳥栖市を拠点に、鳶工事や各種足場工事などを承ってお …

お問い合わせ  採用情報