投稿日:2023年1月21日

知りたい!鳶工事で活躍する道具をご紹介

こんにちは!佐賀県鳥栖市に拠点を構え、福岡県久留米市や福岡市など九州一円で活動しております株式会社TNKです。
一般住宅を始め、オフィスやマンション、工場、商業施設といった大型施設で鳶工事や足場工事、支保工などを手がけております。
実際に現場の鳶職人がどのような道具を使っているか、ご存じの方は少ないのではないでしょうか。
そこで今回は、鳶工事において活躍する道具を3つご紹介いたします。

鳶工事の道具


鳶職人の必需品として、まず、金づちが挙げられます。
鳶工事において、金づちは釘ではなく足場を組む際に必要となり、水平材や斜材といった材料をつなぐ、くさびと呼ばれる道具を叩き込むために使用されます。
次に、スケールです。
スケールとは金属製のメジャーのことで、寸法を測る以外でも、足場や重心の位置を確認する際に用いられます。
足場の長さが1.8mなので、3本分まとめて測ることができるよう、建設現場向けのスケールは5.5mのものが多いです。
最後に、ラチェットレンチをご紹介します。
ラチェットレンチはボルトやナットを回すためのレンチに、ラチェット機構が組み合わさっている便利な道具です。
通常のレンチの場合、その都度レンチを差し直してから回さなくてはなりませんが、ラチェット式ならそのままの位置に戻して反復作業をすることで回せるようになります。

道具を揃える際のポイント

工具が壊れる主な原因は、摩耗と欠損の2種類です。
工具は使用していくことで段々と摩耗していき、最終的には使えなくなってしまいます。
そのため、摩耗しきる前に新しい工具を準備する必要があるでしょう。
それに対して、摩耗しきる前に工具が欠損して使えなくなってしまうことがあります。
一般的に欠損は作業者による不注意や、誤った使用方法に起因する場合がほとんどです。
初めて使う道具は、先輩や現場で使っている人に相談してみると良いでしょう。
職人にとって、道具は非常に大切なものですので、しっかりとその性能や安全性を確認したうえで注意深く取り扱いましょう。

TNKへご相談ください!

株式会社TNKでは、経験豊富な技術者が多数在籍しており、あらゆる現場においても高品質な施工を安全かつ迅速にご提供します。
足場工事や鳶工事をお考えの方は、ぜひ弊社にご相談ください。

【求人】TNKでは新規スタッフを募集中!


現在弊社では、事業拡大につき鳶職として一緒に働いてくれる仲間を募集しています。
経験の有無を問わず、やる気や体力がある方を歓迎しております。
質の高い足場工事の仕事に興味を持たれたら、お気軽にお問い合わせください。
最後までご覧頂き誠にありがとうございました。

株式会社TNK
〒841-0083 佐賀県鳥栖市古賀町645
TEL:0942-85-9560  FAX:0942-85-9561


関連記事

施工実績3

施工実績3

求職者の方必見!株式会社TNKへの質問にお答えします!

求職者の方必見!株式会社TNKへの質問に…

こんにちは!佐賀県鳥栖市の株式会社TNK(ティーエヌケイ)です。 弊社は佐賀県鳥栖市を拠点に、福岡県 …

将来性のある足場工事の仕事、はじめてみませんか?

将来性のある足場工事の仕事、はじめてみま…

こんにちは! 佐賀県鳥栖市を中心に、久留米市など福岡県や九州一円で、とび工事や足場工事、支保工を手掛 …

お問い合わせ  採用情報